こんな業者は危険かも

そもそも事業所番号をもっているはず

リサイクル業者は、正式には古物商といい、店舗等を構える所轄の公安委員会へ種々の書類を作成して、正式に許可を得た方が行うものです。
不用品回収業とは、一般廃棄物収集運搬業という各市町村の環境部から許可を得て行うものです。
通称、廃品回収といわれているものは、一般廃棄物収集運搬業にあたるのでしょうが、これは許可を得ることは法律上の観点から、都市部は得に困難な様子。
ということは、許可証を持っているほとんどが古物商の許可が多いと思っていいでしょう。

無許可営業で多い方法は
・拡声器で宣伝しながら軽トラックでの巡回回収
・空き地などへのぼりを立てての回収
・インターネット
・突然の電話宣伝
などがありますが、このような違法業者へ依頼すると、依頼した私たちも罪に問われる可能性があるので、気をつけましょう。

違法業者への依頼はなぜダメか

どこの正式業者も予約でいっぱいで、どんなに不用品処理を急いで行いたい場合でも、無許可の違法業者に依頼してはいけないのは何故でしょう。

一つは、ごみの不法投棄の温床となるからです。
ゴミの不法投棄に関しては、何かとニュースになっている為、みなさんも投棄された映像が目に浮かぶしでしょう。
環境に悪いというばかりでなく、そこから引火し大火事を引き起こす可能性もあるのです。
知らなかったとはいえ、違法業者を通じて廃棄した自分のごみが不法投棄されたことで、何からの大惨事が起こったら、気分が悪くなりますよね。

また、このような違法業者は、依頼の初めはなんでもお安く処分しますと言いながら、最終的にはとても高額な請求が来る場合も少なくありません。
きちんと営業許可を取得しているかどうかは、しっかり調査することをお勧めします。


この記事をシェアする
Twitter
いいね
B!はてブ

Topへ戻る